2017-03-09

劇団わが町公演「恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち」




川崎市に住む小学生、中学生、10代や20代の若者、そして様々な世代の大人たちが現代の日本をテーマに書き下ろした約30の短編戯曲を彼ら自ら演じるという試み。

目から鱗どころではありません。どの作品も堂々と世界に誇れるものばかりです。

劇団わが町公演「恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち」

明日川崎市アートセンターアルテリオ小劇場にて開演致します。


劇団わが町 第6回公演「恐れを知らぬ27人の劇作家?と49人の俳優たち」

“みんなで書いた、わたしたちの“今” “今”を見つめる目が わたしたちの“明日”をつくる”

2017年3月10日(金)~12日(日)
川崎市アートセンターアルテリオ小劇場

10日(金) 19:00
11日(土) 14:00/18:00
12日(日) 13:00/17:00
※開場は開演の30分前。

【料金】一般 2,500円/学生(小学生~高校生)1,000円 ●全席指定・税込


2017-03-03

夢の実現:劇団銅鑼公演「彼の町:チェーホフ短編集より」



ついに念願叶う日が近づいてきた。

約25年前、サンフランシスコの大学で演劇を学んでいた頃、チェーホフが大好きな先生がいて、その情熱から僕もチェーホフを漁るように読んだ。勿論英語で。大学では白人だらけのキャストの中、唯一の日本人留学生として「三人姉妹」に出演し、演出の授業で半年かけてチェーホフ短篇集の舞台化に取り組んだ。その時以来、いつか大人になった時にもしも演劇を生業にして生きているようであれば、チェーホフの短篇を演出したいと夢見ていた。

約5年前、震災後の家族をテーマに言葉にならない言葉を探すために、あえて言葉を使わない無言劇「あやなす」を劇団銅鑼の有志らと創造した。それを観た銅鑼の創始者で名優、鈴木瑞穂氏が「チェーホフ的でした」と手紙をくれた。僕は間髪入れることなく僭越にも「一緒にチェーホフの短篇集をやりませんか?」と返事した。瑞穂さんも、彼が44歳の時にチェーホフ役で出演した劇団民藝公演「想い出のチェーホフ」以来、いつか短篇集をやりたいと夢見ていたそうで、「是非実現させましょう!」と返答をいただいた。


(写真:宮川舞子)

ついにその幕が3月15日、六本木の俳優座劇場にて開く。

劇団銅鑼創立45周年、おいらも生誕45周年。そして鈴木瑞穂氏は倍の生誕90周年!!

音楽はすべて山田由起子によるチャイコフスキーのピアノ生演奏。美術・池田ともゆき、衣装・坂本真彩、照明・鷲崎淳一郎、音響・坂口野花、そしてフィジカル・原田亮はいつもお世話になっている僕の座組の最強の布陣。そして、脚本は今回初タッグを組ませていただいた青木豪。

泣いても笑ってもたったの6回公演のみ。
劇場にて皆さんのお越しをお待ちしております。

詳細は劇団ホームページをご覧ください:
http://www.gekidandora.com/titles/kanomachi/


劇団銅鑼創立45周年記念公演
「彼の町」− チェーホフ短編集より

作/青木豪 演出/大谷賢治郎

2017年3月15日(水)~3月20日(月祝)
六本木・俳優座劇場 〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2 TEL:03-3470-2880
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」6出口すぐ
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口 徒歩1分



3.15水 19:00
3.16木 19:00
3.17金 14:00
3.18土 15:00
3.19日 14:00
3.20月 14:00



staff
美術・池田ともゆき 照明・鷲崎淳一郎 音響・坂口野花
衣裳・坂本真彩 音楽/ピアノ演奏・山田由起子 振付・原田亮
舞台監督・稲葉対介 演出助手・宮藤希望 舞台監督助手・村松眞衣
バリアフリーサービス・鯨エマ 宣伝美術・山口拓三(GAROWA GRAPHICO)
制作チーフ・小関直人 制作サブ・田辺素子 平野真弓 佐久博美

cast
鈴木瑞穂(オフィス・ODA/団友)館野元彦 三田直門 佐藤響子
竹内奈緒子 井上太 向暁子 真原孝幸 川邊史也 齋藤千裕
山田由起子(ピアノ演奏)

【チケット料金】全席指定席/消費税込 一般/5,000円 25歳以下/3,000円
障がい者手帳をお持ちの方・・・ご本人/4,500円 25歳以下/2,700円
               付添人(お一人のみ)1,000円

 視覚障がい者のための音声ガイドサービスあり 
  日程 17(金)18日(土)19(日)20(月・祝)【要予約】
☆視覚障がい者向け舞台説明会あり 日程 18(土)14:00~【要予約】
♪アフタートーク 16(木)終演後 青木豪(作家)×大谷賢治郎(演出家)
              進行役 徳永京子(演劇ジャーナリスト)
 聴覚障がい者の方には事前に台本の貸出をします。また、当日簡単な台本(お助け本)を希望者にお渡しします。チケット予約の際、お申し込みください。
申込先 e-mail info@gekidandora.com【全公演/要予約】
音響体感システム付公演 3月18日(土)15時開演の部 10席限定

体感音響システムとは・・・
振動装置が組み込まれたポーチとザブトンクッションで構成されており、
これらのシステムを使用すると、振動が身体に伝わり、聴覚障がいをお持ちの方(補聴器を使っている難聴、または中途失聴の方)も、ヘッドフォンや磁気ループからの音と一緒に全身で音楽を楽しむ事ができます。生まれつき耳の聞こえないろうの方は、振動によってのみ音楽を楽しむことができます。
また音量や振動の大きさはお手元のリモコンで調節できるので、ご自分の聴力に合わせてお使いいただけます。

パイオニア株式会社HP http://pioneer.jp/corp/society/contribution/music/karadadekikou/system/
 
■開場は開演の30分前
■開演時間に遅れますと指定のお席にご案内できない場合がございます。予めご了承下さい。
■当日のキャンセルはお受けできません。
■未就学児のご入場・お車でのご来場はご遠慮ください。
チケット取扱い

●劇団銅鑼/TEL 03-3937-1101(平日10:00−18:00)
       e-mail : info@gekidandora.com 
                 URL http://www.gekidandora.com
●こりっち PC https://ticket.corich.jp/apply/78509/
      mobile phone http://ticket.corich.jp/ apply/78509/
●チケットぴあ /0570−02−9999(Pコード 445−003)
●e+ (イープラス) http://eplus.jp/(パソコン・携帯)




2017-02-16

青年劇場「原理日本」開幕に向けて:「古を稽(かんが)え、今に照らす」




「稽古」とは本来、「いにしえを考える」ことだそうである。中国の書経にある言葉で、日本では古事記に「照今」という言葉と共に使われている。つまりは「稽古照今」、過去に思いを巡らせ、今に照らし合わせて考えることとして使われていた言葉なのだろう。
  今我々が演劇に於いて「稽古」していることはまさにこういうことなのだろうとつくづく思う。「原理日本」は黒澤明や木下恵介の映画のシナリオを多く手掛けた久板栄二郎氏が1970年に俳優座に書き下ろした、日本の戦前から戦後を描いた戯曲である。きっと1970年の日本を検証するために戦争前後の日本を振り返ったのであろう。ところが、である。2017年にこの戯曲に取り組む僕らは、この戯曲が恐ろしくも日本の未来を描いていることに気づかされているのだ。「今に照らす」どころか未来を照らしているのである。
  きっと我々が今最もすべきこと、それは文化や世代を超えて、社会、観客、そして芸術家である自身や同志との、足の引っ張りあいではない建設的な対話を通して、「未来への想像力」をしっかりと養うことだと思う。歴史に学ばない為政者が世界を動かし、恐ろしい未来を築いていく、それはもはや仮定でも仮想でもないのだ。

青年劇場「原理日本」、明日開幕します。

チケットがあるのは17日19時、18日19時、21日19時、23日19時、25日19時の回のみ。

劇場にてお待ちしております。


青年劇場 小劇場企画No.21
「原理日本」

作・久板栄二郎
演出・大谷賢治郎

2017年2月17日(金)~26日(日)

劇場・青年劇場スタジオ結 東京都新宿区新宿2-9-20 メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅徒歩2分
料金・(一般4,500円のところ)関係者割引4,200円 (僕に連絡を!)
   U30(30歳以下)3,000円

美術・池田ともゆき 照明・鷲崎淳一郎 
音楽・青柳拓次 音響効果・坂口野花
衣裳・宮岡増枝 フィジカルトレーナー&演出助手・原田亮 
ドラマトゥルク・広戸聡 宣伝美術・八木克人 
舞台監督・松橋秀幸 製作・福島明夫 製作助手・広瀬公乃

出演:
杉本光弘 島本真治 奥原義之 浦吉ゆか 大山秋 
矢野貴大 安田遼平 傍島ひとみ 沼田朋樹


2017-02-03

青年劇場公演「原理日本」演出します。

おっと、新年の挨拶をと思っている間にもう2月になっちまいました。早いもので今年も残すところあと11ヶ月。気づいたらもう正月!なんてことになりかねませぬ。
今年に入りまして演出作品が3本続きます、と言った見出しで書こうと思っていたブログ、既にそのうちの1本を無事終えました、という事後報告に切り替えつつ、久しぶりに投稿させていただきます。

15年以上続く日韓演劇交流センターによるイベント、韓国現代戯曲リーディングにこの度光栄にも演出として関わらせていただきました。僕が演出したのはチャン・ウジェ氏による「アメリカの怒れる父」。韓国や日本を題材にしていない戯曲がこのイベントで紹介されたのは初めてのことだったそうです。この戯曲は2004年5月にイスラム武装勢力によって斬首されたアメリカ兵、ニック・バーグの事件、そして彼の父親である、マイケル・バーグが英国の戦争阻止連合宛に書いた「一通の手紙」をモチーフにアメリカを舞台にした作品でした。稽古中にアメリカではトランプ政権が誕生、様々な差別政策が打ち出され、戯曲の内容と今のアメリカの姿が恐ろしいほどに重なっていき、胸が張り裂ける思いで本番を迎え、悶々と無事に終えました。



















そして、2月本番の青年劇場公演「原理日本」、3月本番の劇団銅鑼公演「彼の町〜チェーホフ短篇集」にシフトを切り替え、取り組んでいる次第であります。「彼の町」についてはまた改めて触れるとして、まずは「原理日本」!!

























黒澤明監督作品、「わが青春に悔いなし」「悪い奴ほどよく眠る」そして「天国と地獄」の脚本を手掛けた劇作家・久板栄二郎が、日本が戦争に向かっていく姿を実在の人物たちを通して映し出す、1970年に俳優座に書き下ろした渾身の戯曲、「原理日本」。

「神ながらの道」と神の名のもとに国粋主義を唱える登場人物たちの姿は、現在の世界、すなわちキリスト原理主義を利用するアメリカ政権、イスラム原理主義者、そして「国家神道」を唱える日本の政権の姿のようで、まさに今の日本で上演すべく作品との出会い。

しかししかし、1970年に俳優座で上演されて以来、今日まで一度も上演されていないこの作品、正直、最初劇団から話をもらった時、戯曲を読んで挑戦状を突きつけられた思いでした。しかしこの挑戦状は絶対に今の日本に共有されるべく課題を与えてくれると思い、すこぶるやりがいのある悪戦苦闘の毎日を稽古場で過ごしています。

音楽は今回も盟友・青柳拓次。

是非是非、新宿御苑にある青年劇場のスタジオに観に来ていただきたい。

青年劇場 小劇場企画No.21
「原理日本」

作・久板栄二郎
演出・大谷賢治郎

2017年2月17日(金)~26日(日)


2月
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
14:00
19:00
-


劇場・青年劇場スタジオ結 東京都新宿区新宿2-9-20 メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅徒歩2分
料金・(一般4,500円のところ)関係者割引4,200円 (僕に連絡を!)
   U30(30歳以下)3,000円

美術・池田ともゆき 照明・鷲崎淳一郎 
音楽・青柳拓次 音響効果・坂口野花
衣裳・宮岡増枝 フィジカルトレーナー&演出助手・原田亮 
ドラマトゥルク・広戸聡 宣伝美術・八木克人 
舞台監督・松橋秀幸 製作・福島明夫 製作助手・広瀬公乃

出演:
杉本光弘 島本真治 奥原義之 浦吉ゆか 大山秋 
矢野貴大 安田遼平 傍島ひとみ 沼田朋樹

『あのときなぜ 日本は戦争に向かっていったのか』
戦争への道は、言論の排斥で作られていった!
今、必要なのは論理でも、理屈でもない!神ながらの道、国体明徴!
国粋主義を説き、「原理日本」を主宰する猿田彦市。京大の滝川教授、東大の美濃部達吉博士弾劾の急先鋒に立ち、世論の支持を受けた彼に近づく政治家、軍部、財界。彼らの支えが、猿田を増長させ、さらにその舌鋒は鋭さを増していくのだが・・・・。

1970年、久板栄二郎氏が劇団俳優座に書き下ろし、蓑田胸喜をモデルに戦後につながる狂信的国家主義者の姿を描き出した問題作が、憲法論議の高まる今、甦る!

来られる方、ご連絡お待ちしております!!




2016-12-08

company ma 第2回公演「ふたつのつばさ」、いよいよ今週末に上演!


video


あれよあれよと言う間に今年ももう12月。気づけば、我らがカンパニー「間」の第2回公演が明後日!と言う次第。えー、皆さま如何お過ごしでしょうか。
師走のこんな忙しい時に!と思われる方もチラホラいらっしゃるかとは思いますが、今回上演する、「ふたつのつばさ」。手前味噌ながら、とっても良い作品なんです。3年前、茅ヶ崎の公立小学校が特別支援学級を開始するにあたり、是非オリエンテーションになるような演劇的な活動をしてくれないかと言う、ある意味、解釈自由!な相談を受け、ならば作品を作ろうと言うことになり、アメリカで児童演劇をやっている友人に相談、アン・ネグリという若い学校教師による素晴らしい戯曲を確かインドの国際会議の席で紹介してもらい、仲間を集め、その小学校の体育館で大雨の中、上演した作品で、カンパニーの立ち上げのきっかけになった作品でもあります。それを今回、是非劇場でやろうと言うことになり、カンパニーメンバーの他に、中学からの同級であるミュージシャン、青柳拓次を始め、素晴らしいキャスト・スタッフが集結し、company ma第2回公演として上演する運びになりました。誇りを持って言います、今集まり得る最高のメンバーが揃いました。そのメンバーとともに、子どもと大人に一緒に観て欲しい作品「ふたつのつばさ」を上演致します。どんな作品か、あまり書きすぎるとネタバレになってしまい、皆さんの想像力を奪うことになりますので、ここでは控えますが、「人と違うとはどういうことか」「家族とは何か」を問いかける、現在の日本に生きる一人一人に観て欲しい作品です。東京大学で公開稽古をするという、稀有な経験を経て、満を持しての本邦初劇場上演です。チケットはまだあります。皆さまのお越しをお待ちいたしております。
チケット予約は直接僕に連絡していただくか、カンパニーのウェブサイト、company-ma.com から申し込みくださいませ。



company ma 第2回公演「ふたつのつばさ」

作 アン・ネグリ
演出・美術・翻訳 大谷 賢治郎
音楽・演奏 青柳 拓次


日程:
2016年12月10日(土)13:00 / 17:00・11日(日)11:00 / 15:00

劇場:
川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺6-7-1
小田急線新百合ケ丘駅北口徒歩3分(新宿より小田急快速急行にて23分)
TEL 044-955-0107
http://kawasaki-ac.jp

チケット料金:
一般 3,500円 大学生・2,500円 中高生・2,000円 小学生・1,000円 
未就学児以下無料 当日500円増(全席自由・税込)

スタッフ:
照明 鷲崎 淳一郎
音響 坂口 野花
舞台監督 清水 義幸
制作 田事務所
宣伝美術 八木 克人
主催 NPO法人KAWASAKIアーツ
提携 川崎市アートセンター
協力 UTCP東京大学大学院総合文化研究科・教養学部附属 共生のための国際哲学研究センター、劇団銅鑼

キャスト:
大谷 恵理子、原田 亮、森山 蓉子、庄崎 真知子(劇団銅鑼)、土井 真波(劇団銅鑼)

company ma 劇団「間」
http://company-ma.com
info@company-ma.com
facebook  https://www.facebook.com/company-ma-850510488355054/
twitter @companyma225
instagram  company225






2016-09-24

ごぶさたです。

あれよあれよと言う間に9月になってしまいました。この一つ前のブログを見ると、4月となってる。熊本の地震について。自分としてはまだ昨日のことのようにも思える一方、色々なことが風化されていく時の流れの早さをも感じ、ここらでしっかり、いやさらりと振り返ろうと。

4月:
今年も桐朋芸術短大で教えています。僕の受け持つ授業は2年生の必修の「ダイアローグ(対話)」という名の演技のクラス。最終的には対話劇(二人芝居)の発表に持っていくのですが、「社会との対話」「アーティストとしての自分との対話」「観客との対話」をテーマに半年かけて色々なことをやっています。生徒たちが創作して発表する作品も実も面白く、自ら発信する機会を与えられた若者の素晴らしさに毎週感動しています。





今年もトーハク劇場やってます。今年はレパートリーにして、季節ごとにやっていこうと。4月、8月、12月。東京国立博物館で普段は聞くことのない、子どもたちの笑い声が響き渡っています。






5月:
ゴールデンウィークには劇団劇作家による「劇読み!」というリーディングに参加。テンポの速い、コメディーに刑事役で出演。演出家・森さゆ里との出会いでした。




そして、青年劇場「臨海幻想2011」の再演。

5月末には、我がcompany maの初海外公演がありました!

昨年9月に旗揚げ公演として上演した「雨ニモ負ケズ」を持って、オーストリアのホルンで開催された国際演劇フェスティバル、 Szene Bunte Wähneに参加しました。

そのフェスのホームページはこちら:

劇団の旗揚げ公演が海外のフェスに招聘されるとは思ってもいなかったので、行った翌日に仕込み、その翌日に2公演、そしてウィーンで1日過ごしての帰国という超弾丸ツアーではありましたが、劇団にとっても僕にとっても素晴らしい経験でした。













6月:
帰国後、うちのカンパニーの原田亮が書き、昨年3月に初演した劇団野ばらとの共同創造作品「アリスがくれた不思議な時間」の学校公演がスタート。これもうちのカンパニーにとっては初体験の旅公演。茅ヶ崎と九州の公立小学校を巡演しました。これを皮切りに8月末には北海道を巡演し、11月には再び九州に向かいます。






そして6月末からアシテジ国際児童青少年演劇協会のフェスティバルと会議のため、イギリス・バーミンガムへ、途中ベルギーのゲントに寄って、行ってまいりました。

ベルギーのゲントに寄ったのは、コペルギエトリーという劇団に訪問するため。これまでに訪れたヨーロッパの国際児童青少年演劇フェスで、必ずと言っていいほど、一番面白い作品は彼らの作品だったということばかりで。
今後、何か一緒に活動できたら!という思いを伝えに、劇団の人と色々と打ち合わせをしてきました。






また、ベルギーと言えばマグリット。美術館サイコーでした。。。






バーミンガムでは、会議と観劇の毎日。観た作品がすべて良かった。というフェスは今回が初めてでした。やはり英国は演劇の国だなとつくづく思いました。またロンドンに演劇留学している息子にも再会。それにEU離脱の落胆とヨーロッパカップの盛り上がりも加わり、非常に濃い日々でした。





7月:
昨年、セルビアから来日した赤ちゃん向けの作品「ベイビースペース」の日本版を創り、代々木の「かぞくのアトリエ」などで上演いたしました。僕も作品で使われる音楽のための詩を書き、朗読(録音)で参加しました。





そして、スティルウォーター主催による須賀川市市民交流センター準備企画、オトとコトバのワークショップ、「オトコトバヅクリ」のために、音楽家・青柳 拓次と福島県の須賀川市へ。将来的に継続できるワークショップ活動の雛形をしっかりと築き上げられた内容だったと自負できるほど、とても充実したワークショップでした。参加者全員の歌声で奏でる音楽、「あの日」をテーマに参加者全員の言葉を織り交ぜて参加者一人一人が紡ぎ上げた詩とその朗読。とても感動的でした。

スティルウォーターによる詳細終了リポートはこちら:
http://www.stillwaterworks.jp/workshop/2016/06/-vol04.html









そして(以外の接続詞が思いつかず)、日本演出者協会主催によるフォーラムシアターのワークショップに通訳として参加。フォーラムシアターは被抑圧者のための演劇と呼ばれているもの。僕の解釈は、社会に変革を起こすための、その社会に生きる人々のための演劇。僕の友人でもある、ボリビア出身のヤルマーがファシリテート。彼曰くフォーラムシアターは「社会的に抑圧された人のための演劇。観客も参加する演劇。主役が失敗する演劇。」非常に面白い、ふか〜いワークショップでした。



怒濤の日々はまだまだ続き、このワークショップの直後に、児童演劇について語り合うセミナーにパネリストの一人として招待され、アルゼンチン・ブエノスアイレスに弾丸ツアー。行きと帰りにそれぞれ約30時間!かけて、滞在は3泊!「観る演劇、参加する演劇、教育としての演劇」をテーマに南米人に囲まれ、いや紛れ、プレゼンしてきました。





8月:
8月頭は毎年恒例のミュージカルワークショップ。今年も小学1年から大人までの40名の参加者と共に、ミュージカル「ねこはしる」を一週間で作り上げました。4年間続けてきた、心揺さぶられるこの仕事。終了後、来年から体制が変わるとの通告。ということで、ひとまず今年で最後でした。有終の美、飾れてれば。。。











お盆が過ぎて間もなく、アシテジのアジア会議というのがあり、単身スリランカへ。2018年に東京で開催予定のアジア国際児童青少年演劇フェスティバル、2020年に東京にて開催予定のアシテジ世界大会のプレゼンや、自分の劇団のプレゼンをしてきました。すっかり溶け込んでました。笑








8月末、「非戦を選ぶ演劇人の会」のリーディングに初参加。濃い面子に囲まれてきました!


9月:

親子で演劇と哲学をするというワークショップを小平市で開催。
4〜6歳の子どもたちとその親御さんと。子どもたちが感情を体現し、それを自分になりにコトバにしてみる。

素晴らしい時間でした。



9月23日:
そして、今僕はこれをセルビアに向かう途中のモスクワの空港で書いています。
2012年に劇団銅鑼と震災をテーマに作ったコトバを使わない芝居、「あやなす」を持って、セルビア、クロアチア6都市のツアーに向かってます。




行ってきます!